診療時間表・電話番号

内視鏡検査予約

内視鏡予約を
受け付けています

胃内視鏡検査および大腸内視鏡検査を行なっています。「いつでも」「気軽に」「わかりやすい」検査をモットーにしています。ぜひご利用ください。

◾️検査日程◾️
胃内視鏡検査
月ー土曜日10:00(来院9:30)
当日検査も承ります

大腸内視鏡検査
火・金・土曜日
12:00(来院 11:00)

◆予約方法◆
1)電話での予約

0798-73-1001

2)web予約
予約空き状況の確認(24時間可能)

→内視鏡検査予約はこちら

内視鏡検査

だれでも受けられる安心の内視鏡検査

胃カメラ検査、大腸カメラ検査。
どんなものかわからないけど、一度やってみようか…
そんなお気持ちにすぐお応えできるよう検査が受けやすい体制でお待ちしています。また初めてでご不安な方には、十分な説明を行い検査中も丁寧な操作とお声掛けを通じてストレスのない内視鏡検査を行います。
「受けておいた方がいいとずっと思っていたけど、不安が解消されました」
「もっと早くに受けておけばよかった」
検査後にいただけるお言葉を歓びとして、当院では内視鏡検査を通して消化器疾患の早期発見・治療に取り組んでいます。当院ではほとんどの内視鏡検査を保険診療で行っています。どうぞ気軽な気持ちでご相談ください。

内視鏡検査で胃・大腸がん死亡率ゼロへ

一般健診は受けているけどそれ以上の検査は受けたことがない、がん検診ってどんなもの?保険が適応されるのかわからないという方への情報提供です。当院ではつらくない検査を通じて内視鏡検査のハードルを下げ、胃・大腸がんによる死亡率ゼロを目指しています。

【罹患率1位のがん】 大腸がんの現状についてはこちら

【消化器がん検診】早期で見つけられるチャンスを逃さない

内視鏡検査の方法

上部内視鏡検査(胃カメラ)について

上部内視鏡検査は胃カメラとも言われ、食道・胃の異常(ポリープやがん、炎症など)を調べます。上部内視鏡検査を定期的に受けておくことで、早期発見の確率が大きく高まるといわれています。
特に、ピロリ菌感染、慢性胃炎があるという方には、定期的な内視鏡検査をお勧めしております。

◆予約が必要?胃カメラまでのながれについてはこちら

◆お薬は中止するの?胃カメラ検査前の食事やおくすりの指示はこちら

鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡検査)

鼻からの挿入が可能な先端部径5.8mmの極細径の上部消化管用経鼻内視鏡「EG-L580NW」を採用

当院では経鼻内視鏡検査にも対応する細い径のカメラを採用し、嘔吐感や不快感などの苦痛が少ない検査を心がけております。患者様の状態やご希望に副うよう、事前に内服薬の確認や前日の絶食の指示などを確認するため、受診をお願いしております。

口から飲む胃カメラ(経口内視鏡検査)

従来からある口からの内視鏡検査ももちろん可能です。鼻からの内視鏡に比べて鼻血の合併症がないことに加えて経口内視鏡では麻酔を使った検査が可能です。

内視鏡下粘膜生検法

経鼻・経口にかかわらず内視鏡検査で粘膜に異常を見つけた際には、同時に粘膜の一部を採取して検査機関へ提出し、病理診断を行い評価します(生検)。これによって病変かどうかをしらべることができます。

このような症状の際に胃カメラ検査をお勧めします
  • 上腹部の痛み、胃の不快感
  • 胸焼け、のどや胸のつかえ感
  • 胃の検診(バリウム検査)で異常を指摘された
  • 黒い便が出る
  • 貧血を指摘された
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったことがある
  • 肝硬変と言われている
  • がんが心配である など

胃カメラ検査で発見される消化器系の病気について
  • 逆流性食道炎
  • 急性胃炎、慢性胃炎
  • 胃ポリープ
  • 食道がん、胃がん
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • ピロリ菌感染症 など

麻酔をつかった大腸カメラ検査について

大腸カメラ(下部消化管内視鏡)は肛門から内視鏡を挿入し、小さなカメラで直腸から盲腸までの炎症、ポリープやがん、潰瘍などの病変を調べるのに使われる検査機器です。腸のなかを専用のお薬で洗腸した(前処置)あと、内視鏡検査を行います。鎮静剤を使用して検査を行うため苦痛が少ない検査です。日本人のがんの中でいま一番多くなっている大腸がんは大腸カメラでしか正確に診断ができません。また、大腸がんの特徴として早期のうちに発見し治療すれば95%以上が治るといわれています。

便通異常やお腹の症状で困っている方に加えて、症状がなくても40歳以上の方、大腸がん検診で異常を一度でも指摘された方は大腸カメラ検査をお受けになるようお勧めいたします。

このような症状の際に大腸カメラ検査をお勧めします
  • 血便
  • 便通異常(便秘・下痢)
  • 腹痛、腹部膨満感
  • 貧血を指摘されている
  • 顔色が悪いと言われる
  • 急激な体重の減少
  • 便潜血反応で「陽性」と出た
  • 大腸ポリープや大腸がんを治療した経験がある など

大腸カメラ検査で発見される消化器系の病気について
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患
  • 大腸憩室症(腸管の内壁の一部が外側に向かって袋状に飛び出した状態)
  • 虚血性腸炎など

院内で案内をお配りしています。ぜひ手に取ってご覧ください

内視鏡仕様

レーザー光源搭載の内視鏡


当院では富士フィルムメディカル社製の内視鏡システムを導入しています。(LASEREO 7000システム 2017年5月発売)
【レーザー光源の特徴】
・鼻から挿入可能な細径タイプの内視鏡でありながら、従来と同等以上の光量での観察が可能。
・2つの波長のレーザー光(※)を用いることにより、粘膜表層の血管や表面構造、あるいは微妙な色調の違いを強調した画像などが得られ、より精細な観察や早期の病変の発見をサポートしてくれます。
※BLI(Blue LASER Imaging)LCI(Linked Color Imaging)

診療のご案内
さかお内科・消化器内科 クリニック概要
© さかお内科・消化器内科

ページ
TOPへ