診療時間表・電話番号

内視鏡検査

内視鏡検査

上部内視鏡検査(胃カメラ)について

上部内視鏡検査は胃カメラとも言われ、食道・胃の異常(ポリープやがん、炎症など)を調べます。上部内視鏡検査を定期的に受けておくことで、早期発見の確率が大きく高まるといわれています。
特に、ピロリ菌感染、慢性胃炎があるという方には、定期的な内視鏡検査をお勧めしております。

◆胃カメラ検査のながれについてはこちら

◆胃カメラ検査前の食事やおくすりの指示はこちら

鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡検査)

当院では経鼻内視鏡検査にも対応する細い径のカメラを採用し、嘔吐感や不快感などの苦痛が少ない検査を心がけております。患者様の状態やご希望に副うよう、事前に内服薬の確認や前日の絶食の指示などを確認するため、受診をお願いしております。

口から飲む胃カメラ(経口内視鏡検査)

従来からある口からの内視鏡検査ももちろん可能です。鼻からの内視鏡に比べて鼻血の合併症がないことに加えて経口内視鏡では麻酔を使った検査が可能です。

内視鏡下粘膜生検法

経鼻・経口にかかわらず内視鏡検査で粘膜に異常を見つけた際には、同時に粘膜の一部を採取して検査機関へ提出し、病理診断を行い評価します(生検)。これによって病変かどうかをしらべることができます。

このような症状の際に胃カメラ検査をお勧めします
  • 上腹部の痛み、胃の不快感
  • 胸焼け、のどや胸のつかえ感
  • 胃の検診(バリウム検査)で異常を指摘された
  • 黒い便が出る
  • 貧血を指摘された
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったことがある
  • 肝硬変と言われている
  • がんが心配である など

胃カメラ検査で発見される消化器系の病気について
  • 逆流性食道炎
  • 急性胃炎、慢性胃炎
  • 胃ポリープ
  • 食道がん、胃がん
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • ピロリ菌感染症 など

下部内視鏡検査(大腸カメラ)について

大腸カメラ(下部消化管内視鏡)は肛門から内視鏡を挿入し、小さなカメラで直腸から盲腸までの炎症、ポリープやがん、潰瘍などの病変を調べるのに使われる検査機器です。

便通異常やお腹の症状で困っている方に加えて大腸がん検診で異常を一度でも指摘された方は大腸カメラ検査をお受けになるよう、お勧めいたします。

このような症状の際に大腸カメラ検査をお勧めします
  • 血便
  • 便通異常(便秘・下痢)
  • 腹痛、腹部膨満感
  • 貧血を指摘されている
  • 顔色が悪いと言われる
  • 急激な体重の減少
  • 便潜血反応で「陽性」と出た
  • 大腸ポリープや大腸がんを治療した経験がある など

大腸カメラ検査で発見される消化器系の病気について
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患
  • 大腸憩室症(腸管の内壁の一部が外側に向かって袋状に飛び出した状態)
  • 虚血性腸炎など

診療のご案内
さかお内科・消化器内科 クリニック概要
© さかお内科・消化器内科

ページ
TOPへ